投稿

7月, 2015の投稿を表示しています

7/26(日)酸欠の海

イメージ
鳥浜沖堤

7:30-15:30







金曜日爆釣

土曜日も30枚以上









沢山釣れた後だし




風も全くない予報だし





期待せずに日曜日のホームへ











日曜日にしては少ない7名で出船









渡堤すると 連日の猛暑の影響で濁りだけは充分








ただ 酸素が少ない様な色。。。










モーニングは誰もなく










ポツリ







ポツリ











堤防の上は
予報通りに風は殆どなく







海は穏やか





潮も殆ど効かず








堤防は非常に暑く







釣れる気が全くしない中









私の初アタリは





開始から2時間が経った9:30







底付近

デカツブ


49cm









その後は何もなく







周りも厳しい状況の為







1人でガラ空きの高い方へ








潮は低い方とは違い





富岡よりいい感じの潮が効いて 雰囲気ありあり!!






これはチャンス













2.5ヒロ迄を丁寧に釣りますが








たまにフグが触るだけ









逆に低い方ではプチ時合い






大沼さん、伊藤さんが 立て続けに魚を持って戻る姿が。。








私の黒鯛アンテナ悪すぎ。。(泣)








気持ちも萎え、高い方を見切り





11:30にランチをする事に








初挑戦

冷しゃぶ坦々うどん






FPR改造 ③

イメージ
我が家のドリル






通販で買った安物。。。(笑)










フル充電で両面の穴1個





が、限界。。。(泣)








バッテリー
こんなにデカイのに。。。








それに引き換え
アタッチメントは






異様に豪華。。。(汗)









イライラする部分もありますが



7/23(木)後ろ髪

イメージ
鳥浜沖堤

7:30-15:30








何年か前からタロさんと話していた
鳥浜平日釣行







やっと叶いました








曇りの予報も しっかりした雨振り








期待を膨らませながら












渡堤すると潮は透けてますが







強い南風に 雰囲気は悪くありません











浅タナで如何にも食いそう













釣り人は我々と他1人の計3人












全員で低い方から開始











雰囲気は最高











魚も数多く見えるも













モーニングは全くアタリがなく





首を傾げながらの時間が過ぎます。。。。。。。












ただ スイッチが入れば爆りそう














やっとのアタリは開始1時間後










1ヒロでコツン









ある程度のやり取り後
フックオフ。。。。。
















その後、私は何もない中





















タロさんが2枚を連続ゲット




オモリを重くして 一気に底まで落としたら結果が出たとのこと













そんな状態だし 雨もスッカリ止んだので




10時過ぎに 2人で早めのランチへ





















11時、再開









再開してすぐ1ヒロでストップ




48cm




















2枚目は12時










深めの2ヒロ

道糸が潮と逆に動き






50cm


















その後も時合いはなく


散発のアタリとバラしを繰り返し時間が過ぎ













15時から















一気に時合いへ









3枚目は15時


矢引き


52cm



















15:15










1ヒロ

38cm















7/20(祝月)海の日の惨敗

イメージ
第一部

6:30-14:00
川崎新堤









第二部

16:30-19:30
神奈川某所








2日連続の鳥浜は身体に答える為






川崎新堤へ








まずは設営から









早々に開始し






モーニングを期待して
5番から4番までをタナだけ釣るも










結局







潮がある時間も何もなく










10時へ












私は12:30に再開









タロさんと一万円さんは熟睡

寝る姿まで仲良しです(笑)










私は二部がある為

14時便で上がり






仲良しのお二人
お見送りまでしていただけました












二部は








中井先輩と日没まで頑張るも。。






ノーアンサー








中井先輩は1枚をきちんと









惨敗の海の日になりましたが








久しぶりの中井先輩との釣り



やっぱり楽しい



7/19(日)連覇の吉報

イメージ
鳥浜沖堤

7:30-15:30





例年 この連休は釣り人が少ない鳥浜




この日は16名と多め



一万円さんの姿もあります









渡堤すると


台風後も南風が続いた影響で
潮は透け気味







準備を早々にし






手漕ぎの先行者が2人いるも





モーニングを期待して
低い方の中腹から開始








開始早々







すぐ後ろから開始した本園さん





私を呼ぶ声が。。

振り向くと







竿を大きく曲げてます









近寄ろうとした瞬間





パイプにやられてしまいました。。








私は 先程、落とした位置から再開








1ヒロで違和感







初動でパイプから魚をうまく剥がせ







非常に強い魚でしたが無事に





7:40
今季、最長寸の55cm



このサイズでは珍しく ヒレや傷がない本当に綺麗な魚








本園さんとバクバク〜?
なんて、会話をするも








その後は、全員さっぱり。。








私は早くも低い方に見切りを付けて
高い方へ









大沼さんが 早々にゲットされた様ですが


それっきりとのこと










潮が平行で釣りづらいも






先端より

フグの攻撃に真向勝負し








8:40

1ヒロ



40cm










その後
潮も下がり低い方に戻るも








厳しいまま








そんな中
一万円さんが見事に50cmをゲット










2人して 10時過ぎに早めのランチへ









ますます潮は下げてますが



30分だけ高い方をやろうと思い


11:00に再開








朝から粘り続けている
ホリデーさんに状況を聞くと





フグか黒鯛か解らない アタリがあるけど。。との事







こっちも厳しいか。。

30分で予定通りに低い方と決め
付け根から開始し









すると3本目の柱

深めの2ヒロで綺麗なストップ





居たのね。。。


38cm

FPR改造 ②

イメージ
改造の始めは






片方のハンドルの削除から









片方のハンドル




バイスで締めてみると






簡単に割れました











取れた後の姿










金属用のノコギリで芯切り