投稿

7月, 2014の投稿を表示しています

7/27-28 鹿児島遠征 FINAL DAY

イメージ
鹿児島遠征最終日



いろはの湯
全てを1度リセットし最終日の堤防へ



昨日、一昨日
目標を立てると結果が伴う



そんなゲン担ぎに習い
本日も大久保さんと相談し



コロを複数枚
かつ、1枚は50cm以上にセット








最終日は


せっかくなので、違う堤防でも釣りをしたいという強い思い




また、今季購入した



某、釣具量販店プライベートブランドのマリンシューズ



半端ない靴づれします(泣)














これが両足に(泣)



一文字であればギョサンで通せる



この2点から



私の我儘を大久保さんが快く受け入れていただき




堤防を一文字にシフト




因みにこのシューズ




ソールはグリップ力が全くなく

素足に履く事を前提に作られているはずなのに、縫製が内側に集中




ちょっと酷すぎました(泣)
お勧めできません




そんな足ですが
最終日、気持ちを入れ替え
マヅメをスタート!!




最終日は開始早々




1ヒロちょっとでストップ



朝タナでのコロ鯛
最高です!!








ストリンガー
暗くなる前からケミホタル




これ重要です








大久保さんに連絡を入れ
西へ進むと




その20分後くらい



こちらも1ヒロちょっとで
潮向きと逆にスライド




トルクのある黒鯛をゲット







その後



夜の為の下調べと思い
距離はあるが、への字まで進み




折り返し



ベースに戻る途中に朝タナで
チビコロを追加








一文字の選択は正解か?
夜が楽しみになります




19時前にベースに戻り 休憩と夕食








この週末、錦江湾では


あちこちで花火大会が行われ
優雅な気分になります





ノンビリ休憩し 本日も21時に再開




下調べした西向きへ




タナから底迄、丁寧に探るも
ノーコンタクトが続きます


かれこれ 日を跨ぐ時間が近づき




ベースに戻るか悩むも





風向きから推測し
もしチャンスがあるなら



への字から先、灯台近辺か?



意を決して、灯台に向けて歩き
近辺を落とすもノーアンサー (泣)




ここ迄 歩いてしまった事を酷く後悔し 




灯台の下に座り込み



大久保さんに状況確認の電話を入れると、同様との事。。




疲れが倍増し
ベースに帰ろうとした瞬間





え~っ???
潰されてる







全く気が付きませんでした


それもホヤホヤ (汗)





餌を付け替え再度、集中します




すると再開しての3落とし目




1ヒロ位で何かが触った感触




一呼吸置いて
大きなアワセを入れると



この遠征で一番強烈な引き
もの凄いスピードとトルク




ハリスを信じ
両手でタイコリールを押さえ格闘




堤防のカキ殻と
糸を出されても底まで出さない



それだけを注意したやり取り




やっと
水面に浮いたのは53cmのコロ鯛







その後、仮眠をし


朝マヅメを狙うも




沢山の

見えコロ
見えチヌ




一切…

7/26-27 鹿児島遠征 DAY2

イメージ
いろはの湯


汗と潮風に包まれた身体を綺麗にし

仮眠ですが体力を回復させ



全てリフレッシュしてくれます!!








2日目以降の釣行は



16:00 - 翌朝 10:00の予定



船宿で乗船名簿を記載すると



なんと

黒友会
武内さんと片岡さんのお名前が!!




え〜っ?? 来てるの〜っ??

急いでお2人に電話を入れると
昨晩に鹿児島入りしたとの事で (汗)



連絡をくれれば良かったのに~



なんて、会話をしますが
2人も私が来てる事を知らず。。(汗)



大阪で東京湾の方とお会いする事は
珍しくありませんが



鹿児島では さすがに、びっくりです!!



結局、我々が向かう船で
お2人は丘上がり (泣)



でも 船上でご挨拶できました


不思議な感じです(笑)



お2人は昼の釣り計画
明日も入れ違いに渡船予定



せっかくなので
一緒に釣りがしたかった  (泣)






我々は昨日と同じ堤防へ








夜釣りの為


今日はサンシェイダーの出番もなく
サマーベッドだけをセット









昨日の


22時からの真鯛時合い
0時が大久保モンスター



を踏まえ


21:00-0:30に
気持ちの照準を合わせます



行きの車中
大久保さんに相談し


本日の目標を


真鯛かコロ鯛のどちらか
50cm以上を獲る事に決めます



夕マヅメは


大久保さんが
浅タナで黒鯛をゲットするも



私は何もなし



日没寸前のプライムタイムも
無理をせずに夕食







ゆっくり休憩し



計画通り21:00に再開




1時間ちょっと釣りをした22時位


底付近でコツン



聞きアワセると


強い力で沖に突進します!!



黒鯛より遥かに強い引き



真鯛かコロ鯛か??




昨日の数枚から学んだやり取り

でも、祈りながら。。




水面に浮いたのは良型の真鯛


51cm







大久保さんにすぐに連絡



すると



電話を切って10分もしないうちに
大久保さんから入電




真鯛をゲットしたとの事!!


(翌朝の写真)





2人で時合いと信じるも
その後は続かず。。




次のアタリは、0時頃



着底間際にモゾ



真鯛かコロ鯛と信じて
大きくアワセを入れ戦闘開始



昨日から上げている魚の中では
一番暴力的な引き




両手で太鼓リールを押さえ
ハリスを信じての綱引き


魚に合わせて堤防を横走り



どうにか、どうにか、弱らせ
無事にゲット




49cm






その後は



朝マヅメも何もなく




2日目、終了




真鯛 51cm
コロ鯛 49cm








2日目も目標達成 出来すぎです (汗)







7/25-26 鹿児島遠征 DAY1

イメージ
昨年に続き 人生2度目の鹿児島遠征






7月の週末全て
遠征組のホストとして迎える 大久保さん




私1人の遠征でさえ 快く受け入れていただきました


心から感謝です


旅程 7月25日〜29日 (堤防3泊)


6:40 羽田発 8:15 鹿児島着


空港にわざわざ出迎えていただき

早速 コンビニで食料と飲み物を調達


初日だけは 昼から翌朝までの長丁場


熱中症を心配し 飲み物は多目の7Lを購入し出撃!!






先週までの遠征組は期待値までの 釣果がなかったみたいですが


何人もが 太ハリスを飛ばされたとのこと


未知なる戦いを想像し 否が応でもテンションが上がります!


目標は 黒鯛、真鯛、コロ鯛、制覇!!





上堤すると堤防は異様な暑さ
予想を遥かに上回る状況。。(汗)



南風

他の堤防同様
沖面(南側)が高く風を完全に遮り 堤防上は無風状態 (汗)


ただ あらゆる環境で釣りをされてきた 大久保さん


準備に抜かりがありません!!

アワードチャンプからの吉報

イメージ
昨日、大阪北港で開催された ALL黒鯛神 大阪大会


私は事情があり 不参加となりましたが



アワードチャンプより LINEが届きました










見事、優勝し 今年度もアワード出場権獲得!!


地元の方を相手 それも厳しい大阪

素晴らしい〜!! という言葉では片付かない程

本当に素晴らしい!!





私の今週末は鹿児島遠征

アワードチャンプにあやかり 良い釣果になるといいなあ〜



7/20(日)タナと底

イメージ
鳥浜沖堤

7:30-15:30



17名位で出船


昨日は20枚の魚 人数から1人1枚換算か


状況が好転する要素は何もなく


2枚釣る事を目標に!!






最近の釣果からLPを選択

大半の方も同様



モーニングらしい モーニングはなし


魚は


ポツ

ポツ




と、上がる程度で全て底との事



潮位が上がる中、本意ではないが 時流に合わせ


2ヒロ迄の釣りを底まで



それでも アタリがない時間が続きます



初アタリは開始から 2時間半が経った10時頃


潮行きが一番良い付け根付近 的を絞り、探ると


底近辺で違和感? 潮裏だがパイプに絡んだ重み?


一気に走られ 道糸からブチ切られました(泣)

何も出来ない、短い出来事 完敗



仕掛けを作りなおし 同様に根元付近を探ると



10時30分


底近辺 パイプの中でコツン


瞬時にアワセを入れ


今回は主導権を完全に握り パイプから上手く引きづり出すも



強烈なトルクで一気に柱の中へ



主導権は逆転し魚へ(汗)


堤防に膝を付いて


擦れる道糸の感触

相当に出された糸 出し入れを繰り返し。。



どうにかどうにかゲット

50cm





倉沢さんがその情けない姿を 盗撮してました(汗)







午後も底を中心に探ってみるも


底中心の緊張感のない釣り 嫌気をさし



14:00 周りに居た川崎さんと倉沢さんに


「こんな釣り、黒鯛釣りじゃない!」


と、 生意気を言ってHPへ転身



日影面を2.5ヒロまで 1本づつ探り



15:15


日影面 1.5ヒロで待望のアタリ


47cm




やっぱり 黒鯛釣りは、これじゃないと!!



途中、HPに合流した川崎カメラマン 今日も盗撮してくれました(笑)




3アタリ /  3掛け  / 2ゲット


全体では、17〜18枚位 LPで出た10枚位は全て底付近



人数から効率が良かったのは 8枚の魚が出た高い方でした



7/15(火)ライギョマン魂

イメージ
鳥浜沖堤

7:30-15:30


前回、人生初の黒鯛釣りを 船着場で出船停止になる不運


その旧友、タコと リベンジで平日の鳥浜へ出撃


全体9名で出船


行きの車中 ヘチ釣りを再レクチャー


堤防では

鳥浜特有の潮の向き 落とし方を説明し


潮位がある モーニングを開始!!


富岡新堤側からの緩い潮


これならタコも釣りやすい筈!!


頑張れ〜っ!!と 祈りながら落とし始める中


偉そうな私が 全くアタリません。。。(汗)


結局 モーニングは全体で2枚出ただけ


それも底との情報(汗)



この後は 潮が相当に速くなります

(無風の潮裏)




タコに潮裏の落とし方を説明するも そう簡単にいく訳もなく。。


それでも 根気強く頑張ってます


さすが ライギョマン魂!!



私の初アタリは 10:30


潮裏の洗濯機 難儀しながら落としていると


あちゃ 貝割られてるし(泣)






全くアタリに 気が付きませんでした(汗)



そのままソコリの時間になり ランチの為、落としながら戻る途中




12:00  平場裏
矢引ちょっとでツン



ラッキーな1枚!!

元気な53cm





ランチ中


上げっぱなの13時頃
潮位が低いけど チャンスかも知れないから 頑張ろう!!


と、 ちょっと疲れたタコを鼓舞し



12:40に再開



潮裏は相変わらずの洗濯機状態



丁寧に探り その13:00



底付近で違和感


聞くと パイプに絡んだか?



いや 一気に相手は動き出し



52cmを無事にゲット






その1時間後くらい




遂にタコが堤防中腹で タモを出してる姿が!!



やった〜!!


急いで堤防を駆け戻ると



タモには細い魚が。。(汗)




70cm程度のダツ(汗)


カラス貝を食ったのではなく

泳いでいるのを見かけ 引っ掛けたとか。。(汗)


チヌ針にダンゴ付きで???


ライギョマン 恐るべし。。。







その後 洗濯機にはゴミが溜まり


釣りにならず(泣)






以上で終了



3アタリ /  2掛け / 2ゲット



全体9名(黒鯛師7名)で、6枚


厳しいというか 普通になったというか。。



帰宅後の疲れ果てたタコ

次は体高がある魚を必ず釣る!! と、メールが届きました

さすが!! ライギョマン魂